JSH

“人を変え、組織を変え、日本を変える。”

SEMINAR

[開催終了]第3回地域包括ケアにおける認知症対応講座 ~認知症予防最前線~

エビデンスを生みだす認知症情報学というテーマで、21世紀の認知症ケアにおける次世代モデルについて考察いたします。

竹林洋一氏 / 石川翔吾氏 / 司会:髙瀬義昌氏
たけばやしよういち / いしかわしょうご / たかせよしまさ

竹林洋一氏
静岡大学大学院 総合科学技術研究科 教授(※)
1980年東北大学大学院博士課程了。(株)東芝入社。MIT メディアラボ客員研究員。研究開発センター技監などを経て、2002年より静岡大学教授。デジタルセンセーション(株)会長兼務。信号処理、人工知能、音声対話、ヒューマンインタフェースの研究に従事。情報処理学会理事。AI 学会理事などを歴任。現在,情報処理学会フェロー、高齢社会デザイン研究会主査。AI学会コモンセンス知識と情動研究会主査。日本子ども学会理事。現場主義で高齢社会デザインと認知症情報学の研究に取り組んでいる。※2017年2月1日現在

石川翔吾氏
静岡大学大学院 総合科学技術研究科 助教
2006年静岡大学大学院情報学研究科修了。2011年同大学院創造科学技術大学院修了。博士(情報学)。2011 年より静岡大学情報学部学術研究員として、子どもの発達分析システムの開発、子育て支援の仕組みを開発。2013年から同大学大学院情報学研究科助教。認知症情報学研究に従事し、認知症の啓発技術、学習支援技術、コミュニケーションの可視化・分析を中心に研究。

会場のご案内

株式会社JSHカンファレンスルーム
開催日
2017年5月21日(日)
時間
11:00~12:00 / 14:00~16:00
会場
株式会社JSHカンファレンスルーム
参加費
①医療現場従事者・学生・研究者・公務員等 5,000円 (税込) ②企業の方 10,000円
定員
30名
交通アクセス
地下鉄東西線・銀座線・都営浅草線 日本橋駅B3出口より徒歩3分
地下鉄銀座線 京橋駅 7番出口より徒歩3分
JR各線 東京駅 八重洲中央口より徒歩3分 (八重洲地下街24番出口すぐ)
住所
〒104-0031 東京都中央区京橋一丁目1番5号 セントラルビル4階
このセミナーに参加する

お気軽にお問い合わせ下さい

セミナーのお申込、ご提案、採用、その他に関するご相談は、以下のフォームよりご連絡ください。
(※なお、営業に関するお問い合わせは、一切禁止させて頂いております。)