障がい者雇用の早期退職という挫折から、コルディアーレ農園導入以来、1年以上の長期的な定着を実現

東映株式会社事例インタビュー

インタビューにお答え頂いた方
東映株式会社
人事労政部人事室 課長代理
河村 一光 様

会社概要

社名 東映株式会社
所在地 東京都中央区銀座3丁目2番17号
設立年月日 1949年(昭和24年)10月1日
資本金 117億709万2,928円
株式上場 東京証券取引所1部上場
従業員数 343名(2019年3月1日時点)

ーなぜコルディアーレ農園サービスを導入頂けたのでしょうか?

もともと、障がい者の雇用率を達成出来ていないことが課題意識としてありました。紹介サービスを利用して採用をしても、様々な理由で早期退職という結果になってしまうこともありました。そんな時に、農園サービスのスキームを同業他社の事例で知りました。当初はそのようなサービスもあるんだなという印象で検討には至りませんでした。その後、(JSHから)コルディアーレ農園のサービスのセミナーに関するセミナーの案内があり、まずは話を聞いてみようと考えました。

ー他社ではなくコルディアーレ農園サービスを選んで頂いた理由をお聞かせください。

セミナーに参加し、コルディアーレ農園のサービスを伺い、自分が予想していたよりもサポートが充実しているなと感じました。さらに地方創生の側面もあり、導入に向けて本格的に進めていきました。当社の社員と繋がりのある方がJSHにいらしたことも後押しになりました。

ー実際に、導入してみて、いかがでしょうか?

当社は、サービス開始間もない時にサービスを導入しました。当時は、長崎県五島市の第一農園でスタートし、現在導入後一年経ちますが、問題なく運用が出来ています。先日スタッフとも面談をしましたが、目的意識を持っている方ばかりで安心しました。五島のコルディアーレ農園が導入開始以降、問題なく運用出来ているため、今年から宮崎農園にも追加で発注をさせてもらいました。

さらに導入前、JSHの社員の方と五島市役所の観光課の職員の方が現地を案内してくださり、五島に対する理解が深まりました。コルディアーレ農園サービスを通して、五島に対して愛着が沸き感謝しております。是非、夏のシーズンにもプライベートで訪れてみたいと思います。

ーコルディアーレ農園サービスについて、社内での反響はございましたか?

本社の社員食堂や東京と京都の両撮影所の食堂で、コルディアーレ農園で収穫した野菜を利用しています。コルディアーレ農園の野菜は、新鮮で、おいしいと好評です。

 また、社内報にコルディアーレ農園の取り組みを載せた際に、別の部署の先輩から良い取り組みだと言ってもらえたことがありました。その方は、以前から障がい者雇用の難しさを強く感じていたようで、農園サービスの導入を高く評価してくれました。

東映様の社内報のコルディアーレ農園サービスのお写真をお借りしました!

(※掲載当時は、障がい者雇用サポートサービスは、子会社のトレースエンタープライズが”アグリキャップ”という名称のサービスで提供していました。2019年11月に子会社を吸収合併。)

ーコルディアーレ農園サービスに今後、期待したいことをお聞かせください。

コルディアーレ農園で育てる野菜のレパートリーが今後もっと増えてくれると嬉しいです。

インタビューは以上です!東映株式会社 河村 一光 様、インタビューにご協力頂き、誠にありがとうございました!

 東映株式会社様は、弊社のコルディアーレ農園サービスの導入初期当時から非常にお世話になっております!現地でも、当然、東映 様の作品は老若男女たくさんの方に馴染みがございます。また、五島にも愛着が沸いて頂いたとのこと、非常に嬉しく感じています。コルディアーレ農園サービスは、地方創生事業部という名の下で展開しているため、このサービスを通じて多くの方に五島を始め地方とのつながりを生んで頂くことが出来れば、より一層意義を感じる次第です。是非、五島に撮影などでいらっしゃってください!

 

 

CONTACT

JSHではご相談・資料請求は無料
となっております。
お気軽にご相談ください。

03-3272-0606平日(9:00~18:00)